プロフィール

白芭 壱伍

Author:白芭 壱伍
マゾい

マゾいピクシブ始めました。

pixiv

長野県の辺境に生息。
日々精進なり。

ブーツとかメイドとか好きです
ボンテージもね
よい子は見てはいけませんよ。

コメントは
メールでも受け付けますよん

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

2009/10/10 (Sat) 20:50
妹が結婚するそうな

ほんの数日前の事を思い出したのでその事を。

オイラにはリアル妹がいまして、そんな妹が
近いうちに結婚するらしいんですよ。

あー妹もとうとう結婚まで辿り着く事が
できたのかぁと。

思い返すと、妹は高校の頃からどういうわけか
非常にモテまして、付き合っては別れ、付き合っては別れ、
そんな事を随分と繰り返していました。
原因はほぼ妹です。何故なら妹は恐ろしい自己中心な
性格で、自分の思い通りにならないと気がすまない方なので。

けど、普通に立っているだけで男たちが自然に声をかけてくる
ので、別れたら次の人、みたいなまるで順番制のような感じで
いろんな男性と付き合ってたんですよ。



(´゚д゚`)くやしいのぅ
オイラも一度でいいからそんな学校生活を
してみたかった




ちなみにオイラの高校は当時女子が数人という
ほぼ男子校、そして同じ学年に女子が一人もいない
というウホッな学生生活でした。

専門学校に通っていた時も、同じようなもんです。

話が逸れましたが、とにかく妹はいろんな男と遊んでは
捨て、遊んでは捨ての繰り返しです。
それを見て自分は、

「ああ、こいつに付き合っていける人はそうは居るまい……」

と、呆れてたのですが、それがどうでしょう。

気が付いたらまた新しい彼氏が出来たと。
またいつもと同じ展開かぁと、そう思ったらとうとう結婚宣言。

そんな妹の彼氏が、4日に家に来て、正式に我が家に
挨拶しにきました。
この時初めて、妹の彼氏をしっかりと見ました。
以前ちょっとだけ見たことがあるのですが、それでも
ほんの少しだったので、その日が初対面という事で
オイラも挨拶をしました。

ちなみに、以前妹が付き合ってた彼氏達は、世間一般の
感覚でいうイケメンに属する人たちばかりでした。

だが今回はどうだろう。
正直、全然イケメンではない。それに加えてちょっと体格が
ぽっちゃりというか、少々ふくよかな体つき。
正直、今まで妹が付き合ってきた男性タイプとは全く違う
ちょっと冴えない感じの人でした。

しかし、その人の笑顔からは、これまでに見たことの無い
優しい人オーラが出てるんですよ。
どんな事に対しても、いつも笑顔みたいな、そんな人です。

ああ、この人はとうとう妹の毒牙にかかってしまったのか――
一瞬、そんな事も考えたのですが、彼氏と話をすると、
どれだけ妹の事を想っているのかがひしひしと伝わるのです。

「自分はかなりワガママを言っているが、それでも彼は自分を
受け入れてくれる」

以前、妹が言った言葉ですが、まさにその通りな雰囲気が
思いっきり出てます。オーラが。

今まで何回も彼氏が出来たら「結婚する」と宣言し、別れる
というパターンを繰り返してきた妹ですが、今回は本当に
結婚するのかと、しみじみ思った次第でございます。

オイラは兄として、妹がその彼氏さんと幸せに
暮らしていけるよう、祈ることにしましょう。


とりあえず、彼氏さんには本当に妹の事を大切に
して欲しいと思ってます。











たまに、包丁を持って脅してくる事があるかもしれませんが、
そんな時は刺される覚悟で、接してあげてほしい。












(((( ;゚ω゚)))お二人とも、お幸せに



<< 働きたくないでござる! | ホーム | ちょっと現実の方でのお知らせ >>

コメント

おめでとうございます。

以前にも書きましたが、改めて・・
おめでとうございます!!

先月のシルバー連休中四年ぶりに実姉の元、大阪へ行きましたがそこでサプライズがありました。
それは・・・第二子が生まれるかもしれない、ということです。まだ確定したわけではありませんがもし生まれるとならば今いる実姉の子、たまきちゃんは本当に“タマ姉”になるということです。

二人からおじちゃんと呼ばれるかもしれない・・・・

>無所属廃人さん
二人からおじちゃんと呼ばれるなんていいじゃない!!
女の子から言われれば尚良しですよ!

( ・ω・)オイラも従姉の子供に呼んでもらいたいものです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム